心身の不調に対するCBDオイルの効果

Written by on 2020年4月1日 in 効果



精神と身体の不調に対するCBDオイルの効果

CBDオイルの正式名称はカンナビジオールと言い、大麻草に含まれる100以上の成分の1つです。カンナビジオールは医療用大麻の主成分を構成する物質の1つとしても知られていて、精神病やてんかん・がんなどさまざまな病気の治療に利用されてきました。
同じ大麻草から抽出される成分でも違法薬物として知られるTHCと違って、カンナビジオールは健康サプリメントのCBDオイルとして日本国内で合法的に流通しています。CBDオイルの持つ効果は多岐にわたりますが、中でも精神のリラックス効果と身体の痛みや炎症を軽減する効果が注目されています。

CBDオイルの持つリラックス効果

CBDオイルはカンナビジオールとして医療に使われているとは言え、これと言った持病を持たない人でも精神のリラックス効果は大いに役立ちます。CBDオイルによるリラックス効果でストレスや不安を緩和できれば、さまざまな病気の予防に役立つのは間違いありません。
仕事や人間関係の悩みで不安やストレスが強すぎると、夜寝床に入ってもなかなか眠れないものです。就寝前にCBDオイルを摂取することで脳と身体が睡眠に適したリラックス状態になるため、不眠症状も改善できる可能性があります。

CBDオイルは痛み軽減にも効果的

CBDオイルは精神への効果だけでなく、炎症や嘔吐のような身体症状を緩和させる効果も持っています。関節炎や筋肉痛といった身体のさまざまな痛みは炎症が原因となっているケースが多いせいか、CBDオイルの抗炎症作用による効果で痛みが軽減されたという報告例も少なくありません。
この他にもCBDオイルの効果で改善や緩和が期待できる身体の症状として、以下のような例が挙げられます。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments«