建物を巡る

沖縄旅行の中で、歴史的な建造物などを見たいという方も多いのではないでしょうか。
文化や伝統などが織り交ざった建造物などを見る事によって、より沖縄を楽しめることと思います。
沖縄旅行 ツアーなどの一部のプランにおいても、こうした場所を巡るものなども提案されています。
tgery
興味があるという方はぜひとも活用してみてください。
もちろん、フリープランや個人旅行などで沖縄旅行 レンタカーを借りて楽しむのも良いでしょう。
では、いくつか建造物について触れて行きたいと思います。
「新垣家住宅」
伝統的な壺屋陶工の住宅形式の住宅です。
今ではこうした住宅形式のものは非常に貴重となっております。
民家のため、中を見ることは出来ませんが、そのつくりは独特で外観からでも十分に満足していただけることでしょう。
なお、駐車場などはありませんのでご注意ください。
「伊是名玉御殿」
県指定史跡となっています。
第二尚氏王統の墓陵です。
斜面に作られた墓陵で、非常に珍しいものとなっています。
無料で公開されていますので、気軽に足を運ぶことが出来るでしょう。
「右掖門」
有名な首里城公園の中にあります。
北側の坂道突き当たりにありますので、見落としてしまうという方も中にはいらっしゃるかもしれません。
国王の私的空間であった御内原への通用門として利用されていました。
「上江洲家」
代々地頭代(村長)を勤めた旧家の屋敷です。
魔除けなどの意味があるヒンプンなどを見ることが出来ます。
1754年ごろに立てられたといわれていて、非常に重みのある建造物なんです。
「勝連城跡」
12世紀前後にかけて築城されたといわれています。
城壁などの美しさを見ていただくと、その繁栄を見て取れるのではないでしょうか。
また、階段を登っていくと非常に美しい景色を一望することができます。
沢山の歴史的な建造物などがありますから、沖縄旅行の計画の中にこうしたスポットを巡るプランを入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »



Copyright(C)2014 子供からお年寄りまで楽しめる沖縄観光情報!様々なスタイルで楽しもう! All Rights Reserved.