CBDオイルとヘンプオイル

Written by on 2020年3月24日 in 他のオイルとの違い

CBDオイルは健康食品として、リラックス効果など様々な効果を感じることができると、人気を集めています。そのCBDオイルと同じようなものに、ヘンプオイルというものがあります。両者の違いについて見ていきましょう。

ヘンプオイルとはどんなものか?

CBDオイルとヘンプオイルは同じヘンプからつくられます。CBDオイルは茎や葉から抽出されるCBDを使用しますが、ヘンプオイルは種からとれた油です。ヘンプの種には違法成分がなく、種から圧縮されてつくられ、オリーブオイルなどと同様に健康的なオイルとして注目されています。ヘンプオイルから得られる効果としては、肌のハリがよくなる美容効果、生活習慣の乱れを調整する効果、脂肪やコレステロールに働きかける効果などがあります。CBDオイルと共通する効果はもちろんありますが、製法や価格に違いがあります。

ヘンプオイルの使用方法

ヘンプオイルの80%が必須脂肪酸で、食事などから摂取するしかないものです。含まれる必須脂肪酸をバランスよく摂取できます。不足しがちなビタミンやミネラルを摂取することができ、健康を意識してこれらの栄養素を取り入れることができます。使用方法としては、料理に使うことができ、サラダにかけたり味噌汁の中に入れて飲んだりすることができます。美容効果にも期待できるので、風呂上がりに保湿剤として使用することもできます。ヘンプオイルでは、美容や健康に良い使い方ができます。

CBDオイルとヘンプオイル

CBDオイルはヘンプの茎や葉から抽出するのに対し、ヘンプオイルは種から抽出します。共通する効果があり、美容や健康に効果が期待できます。ヘンプオイルは食事からとりいれることができ、様々な栄養素を摂取できます。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments