CBDオイルの種類や使い方

Written by on 2020年3月28日 in 使い方

様々な効果が期待できると話題になっているCBDオイルですが、実はどのように使ったら良いのかわからないという方も少なくありません。
決して安価なものではないため、誤った使い方をして無駄にしたくはない、このように考えることもあるでしょう。
CBDオイルはそれぞれにあった摂取方法をすることで、より効果を引き出すことができます。

種類によって異なるCBDの摂取方法

CBDオイルと一口にいっても種類があり、それぞれに異なった摂取方法があります。

CBDオイルの種類は主に5つ

CBDオイルには主に、

という5つの種類があります。
これらはそれぞれに推奨された摂取方法があり、液体やカプセル、ペーストなどは口から摂取するのに向いています。スキンケアタイプは化粧品などに含まれているものなどであれば、気になる部位に直接塗布するといった使い方がよいでしょう。

CDBオイル摂取時の注意点

CDBオイルを使う際、気をつけておくポイントがいくつかあります。

口から摂取する時には舌で待機が基本

CDBオイルには消化器官を通ることで吸収率が下がってしまうというちょっとしたデメリットがあります。そのため液体タイプを使用する場合には、舌下、つまり舌の下に垂らして1〜2分ほど待機しておくとより効果を発揮することができるようになるでしょう。
もし味が苦手というのであれば、カプセルタイプやオイルを空のカプセルに入れてオリジナルカプセルを作ったりといった使い方も可能です。

一度の摂取量より継続することが大切

CBDオイルの摂取量は製品によっても異なりますが、たくさん摂ったから、摂取するタイミングを厳密に設定したからといって効果が増すというものではありません。
継続摂取することのほうが大切なため、食事後など自分が飲みやすいタイミングを設定し、毎日続けて使うことを意識すると良いでしょう。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments«